民間のボランティアチーム 災害に強いまちを目指して

交流イベント「おもフェス」の様子

 2019年8月の佐賀豪雨の際に、武雄市民が中心となって立ち上げた民間のボランティア団体「おもやい」。以降、被災者に寄り添いながら、家屋の再建や生活支援、相談などの活動を続けてきました。今年4月には、運営するボランティアセンターを移転。各種相談を受け付け、防災グッズの販売も。今後は防災に関する出前講座にさらに力を入れ、“災害に強いまちづくり”を進めていきます。災害普及や防災活動への寄付も受付中。ボランティア募集情報はSNSで発信します。

防災講座では、建築士のボランティアメンバーが作った家屋模型を展示
昨年は大町町で、段ボールトイレの組み立て教室を行った

DATA

おもやいボランティアセンター

住/武雄市北方町志久1931‐6
電/0954‐33‐0444
FB/「おもやいボランティアセンター」で検索
このエントリーをはてなブックマークに追加