運転免許更新期限、祝日動き一部変更

 佐賀県警は14日、東京五輪の開催に合わせて7月以降の祝日が変更された影響で、運転免許の更新期限が一部変更になると発表した。対象者には、誤って従来の祝日のままの更新期限日を通知しており、注意を呼び掛けている。

 今年の祝日は東京五輪の開会式や閉会式などに合わせ、本来なら19日だった「海の日」は開会式前日の22日に移るなど、複数の祝日が移動している。これに伴い、運転免許の更新期限日は前後の平日に変更される。例えば「海の日」の移動に伴い、20日の期限は19日になる。

 ただ、県警運転免許課によると、祝日の変更を受けて情報管理システムを改修したが、不具合で変更が反映されず、更新を案内するはがきに記載した日程が誤っていた。対象者には文書と電話連絡で通知する。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加