新型コロナウイルスのワクチン接種で唐津市は、一時中断していた基礎疾患のある人と60~64歳の集団接種の予約受け付けを再開すると14日に発表した。基礎疾患のある人は15日から、60~64歳は26日から受け付ける。供給量は少ないものの、可能な限り接種を進めようと再開を決めた。個別接種で使う見込みのワクチンを集団用に回す。

 市は、予約が想定しやすく量の調整ができるとして集団接種を優先することにした。

 基礎疾患のある人は15日午前9時から、市健康サポートセンターさんてや市役所正面玄関の相談窓口、各市民センターで予約を受け付ける。接種券や予診票、薬手帳が必要になる。

 60~64歳は26日午前9時から、LINEとコールセンターで受け付ける。

 準備した枠は計2700人分で、1回目を8月2日から21日まで、さんてを会場に接種する。

 供給量が見通せなくなっているため、次の接種は9月以降を予定している。個別接種の再開時期は未定。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加