陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県)に暫定配備されている陸自輸送機オスプレイに関し、防衛省が8月以降、陸自東富士演習場(静岡県)での訓練を検討していることが14日、関係者への取材で分かった。離着陸や射撃などの訓練を実施する。千葉県外の自衛隊施設で訓練をするのは初めてとなる。

 東富士演習場では、飛行場以外の場所で離着陸する「制限地操作」や、複数の機体が同時に着陸を行う「編隊着陸」、搭載機関銃による射撃などの訓練をする。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加