「レジ袋有料化」から7月で1年となった。佐賀県内のスーパーでは、約8割の買い物客がレジ袋を辞退している。マイバッグ持参も多く、小売大手の店舗などでは“マイ買い物かご”が人気となっている。一方で、レジ袋の削減をきっかけに、新たにプラスチックのリサイクルに乗り出す事業者も出てきている。

 「当初から予想以上に多くの方がエコバッグを持参している」。ゆめタウン佐賀(佐賀市)の担当者はこう話す。同店では昨年7月、エコバッグの売り上げが前年比約6倍に伸びた。保冷効果のあるものが売れたほか、サイズ別にバッグを購入する姿もみられた。同店でのレジ袋辞退率は8割程度という。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加