互いに選んだ記事を確認する児童たち=唐津市肥前町の入野小

興味のある記事について感想などを記入する児童たち=唐津市肥前町の入野小

 唐津市肥前町の入野小で13日、新聞を授業で活用するNIE(教育に新聞を)の出前授業があった。5、6年生19人がそれぞれ興味のある記事を選び、その理由や感想を互いに意見交換した。

 佐賀県NIEアドバイザーで、湊中(同市)の光武正夫教頭が講師を務めた。児童たちは過去の佐賀新聞の記事などから世界のニュースや地域の話題、スポーツなどさまざまなジャンルの記事を選び、「喜怒哀楽」のどれに当てはまるかを考えた。

 他の児童が選んだ記事も読み、その感想をワークシートに書き込んだ。6年の北原凪(なぎ)さんは「新聞からいろいろなことを知った。普段はあまり読まなかったけど、これからは読みたい」と話した。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加