2回戦・敬徳-唐津工 8回裏唐津工1死一、二塁、3番岩本昂大が適時打を放ち、3-1とリードを広げる=佐賀市のさがみどりの森球場

 唐津工が突然のアクシデントを乗り越え、チーム一丸で3回戦への扉を開いた。

 四回途中、好投を続けていた主戦坂本拓郎が、軸足をつり、降板を余儀なくされた。予想外の展開。ベンチは控えの橋本幸汰をマウンドに送った。不安は拭えなかった。それでも橋本は動じることなく、持ち味の打たせて取るピッチングで七回までを無失点で切り抜けた。

 2―0で迎えた八回。橋本は内野安打などで1点差に詰め寄られた。終盤の追い上げ。ナインは危機感を募らせながらも「幸汰を助けたい。拓郎をまた投げさせてあげたい」。思いをさらに強めた。

 直後の攻撃。打線が奮起した。1番増本迅、2番井上翔太が外野に打球を運び、1死一、二塁。打席には3番岩本昂大。中学時代に同じ硬式チームでプレーしていた太田透天と対した。甘く入った初球のスライダー。打球は右翼手の頭上を越えた。今まで太田から1本も打てなかった岩本は、“初安打”を適時打で飾った。

 この回に4安打を集め、2点を奪った。打線に背中を押された橋本は、最終回を三者凡退できっちり締めくくった。「八回にみんなが打ってくれて頼もしかった」と橋本。岩本は「次も一振りでチームが流れに乗れるような攻撃をしたい」と意気込む。チームは昨秋と今春の県大会で8強入り、NHK杯ではベスト4に進んだ。次こそ夏の頂点を獲りに行く。(草野杏実)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加