佐賀学園高男子バレー部

 インターハイへの出場を決めた佐賀学園高男子バレーボール部の白熊太陽主将に聞いた。

 ―インターハイへの出場を決めました。コロナ禍でいつもと違う環境の中ですが、いかがですか。

 私たち佐賀学園男子バレー部は、インターハイの出場を決めました。コロナの影響で、他県の強豪校との練習試合もできず、自分たちの課題を見つけるのに苦労していますが、一つ一つ自分たちができることを増やしていけるように日々練習に励んでいます。

 ―どんなことに力を入れて練習していますか。

 平均身長が高いので、それを生かして相手スパイカーを仕留められるようにブロック練習に打ち込んでいます。

 ―どんな思いで大会に臨みますか。

 試合では守りに入らず攻めの姿勢でプレーをし、前回の春高優勝校である東福岡打倒を目標にして大会に臨みます。大会までの残りの期間、一つでもレベルが高い所へ行けるように一日一日の練習を大切にし、目的を持って練習に励みたいと思います。そして、私たちを支えてくださっている方々に恩返しができるように頑張りたいです。(文・白熊太陽 撮影・中島虹 取材・寺田琴音)

このエントリーをはてなブックマークに追加