佐賀商女子テニス部

 佐賀商高女子硬式テニス部は県高校総体で2大会連続4度目の優勝を果たした。3月には全国選抜大会にも出場。学校近くのSAGAサンライズパーク庭球場で毎日時間ぎりぎりまでサーブ、リターン、スマッシュなど基本練習メニューをこなす。おしゃべりでにぎやかだった部員たちも、いざ練習が始まると緊張感を増す。

 主将の武藤ひまりさん(3年)に目標を聞いた。「まずは1勝、初戦突破」。3月の大会では初戦で敗れ悔しい思いをした。

 「佐商のテニスは、元気で粘り強いとよく言われる。試合は体力勝負。一本一本をあきらめず、勝ちにこだわりたい」と抱負を語った。同じ3年の香月琴菜さんは「私たちにとっては最後の大会。今まで支えてくださった方々への感謝を忘れず、強気で元気いっぱい頑張りたい」と話した。

 テニス競技は長野県松本市で開催される。粘りのプレーで1勝をもぎ取ってほしい。(写真と文・放送メディア部)

このエントリーをはてなブックマークに追加