全国高校総体には鳥栖工業高駅伝部から、1500メートル・5000メートルに間瀬田純平主将、3000メートル障害に西坂侑選手と上田大樹選手、5000メートル競歩に小野圭貴選手の計4名が出場する。間瀬田選手は全国3位、西坂選手は全国8位、上田・小野両選手は決勝進出を目標に、それぞれ自己記録更新も目指す。全国の強豪校にどこまで食い下がっていけるかが入賞の鍵になりそうだ。古川昌道監督に分析と意気込みを聞いた。

 ―九州大会を振り返って

 6位以内が全国への出場ラインだが、7位と8位に延べ4名がいて、惜しくも出場を逃し残念だった。(1500メートルと3000メートル障害の)2種目で優勝者が出たことは良かった。

 ―各選手の課題は

 間瀬田の1500メートル以外は記録で8位以内に入っておらず、更なるスピードと持久力が必要。西坂と上田はハードリング(ハードルを飛び越す)技術、小野は歩形の向上が鍵。

 ―全国大会への自信は

 入賞に一番近いのは、昨年の全国リモート陸上で1位だった1500メートルの間瀬田。西坂も入賞の可能性がある位置にいる。競技人口が多い中長距離はハードルがかなり高いが、今年は入賞へ最大のチャンスと考えている。

(文・中島慈英=メディア部部長 写真・駅伝部、志水浄=メディア部)

このエントリーをはてなブックマークに追加