唐津西ボート部は県総体を見事制した。主将を務めた辛川美結選手は「昨年10、11月の選抜九州予選は、4人制のクォドルプルが5位で全国大会に進出できなかった。総体は、新型コロナウイルスの影響で大会が無かった昨年の先輩たちの分まで頑張りたい」と意気込む。

 普段は早稲田佐賀、唐津東と共に練習している。インターハイ前の10、11日に福岡県の遠賀川漕艇場であった国民体育大会九州ブロック大会では、唐津西からは佐賀県代表として総勢9人が出場。少年女子舵手付きクォドルプルでは唐津西の選手を中心に構成した佐賀県選抜が3位入賞し、国体進出を決めるなどの結果を残した。総体での活躍にもいっそう期待が掛かる。(写真と文・宮﨑優希、松本未夢)

このエントリーをはてなブックマークに追加