6月に日本銀行佐賀事務所長に着任した久芳真一郎氏(58)。「金融や経済に関する情報を、県民の皆さんに分かりやすく正確に伝えていきたい」と抱負を語る。

 2019年に金融広報中央委員会が実施した「金融リテラシー調査」では、佐賀県は全国で46位と低迷した。「佐賀は元々堅実で、リスクにさらされる県でないことが背景にあると思う」とした上で、「経済圏もデジタル化の進展で一体化している。状況の変化に合った知識を持つことが必要」と啓発を進めるとした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加