1回戦・太良―鹿島 9回表太良無死満塁、4番古庄竜馬が2点適時打を放ち、4―2と勝ち越す=佐賀市のさがみどりの森球場(撮影・鶴澤弘樹)

 フルスイングで強い打球を打つ―。最後までチームの信条を貫き通した太良が勝利をつかんだ。永尾泰憲監督は「力のある1番打者が打つことでこっちのペースに持ち込めた。思い通りの展開にできた」と目を細めた。

 2―2で迎えた九回。先頭の1番北村爽空は「先攻は追われる側。この回で絶対点を取らないと」と気を引き締めた。ファウルで2球粘った後の直球を低く強い打球を意識して、フルスイングで中前に運んだ。

 北村は1年から今春の県大会まで4番だった。しかし、「力を持った打者を1番から並べる」という永尾監督の方針で打順を変更。その打力を買われ、大一番でチャンスメークを果たした。

 続く打者2人が敵失と四球で出塁し、無死満塁の好機が到来。4番古庄竜馬が放った力強い打球は、遊撃手の目の前に飛んだ。ゴロに打ち取られたかと思われたが、打球はグラブをはじき、その間に三走北村、二走今福和葵が生還。一気に2点を奪い取った。

 古庄は「4番を意識せず、チャンスでワンヒットを心掛けた。打った瞬間は焦ったけど、結果的によかった」。勝ち越しのホームを踏んだ北村も「みんながつないでくれて点が取れた」とはにかんだ。

 春の県大会、NHK杯の予選大会に続き、鹿島との3度目の対決を制した太良ナイン。この勢いのまま、就任4年目の指揮官に初の夏2連勝を贈る。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加