鹿島・大塚朝陽(テンポのいい投球で完投) 太良には春から2大会連続で負けていて、3度目は絶対に勝ちたかった。一時逆転された時は、粘って投げていれば最少失点で抑えられると思ったが、最後に打たれて悔しい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加