1回戦・鳥栖工-致遠館 5回裏致遠館2死満塁、6番諏訪朔翔が2点適時打を放ち4-2と勝ち越す=佐賀市のさがみどりの森球場

1回戦・唐津青翔-武雄 6回裏武雄、先頭打者の山本大陽が左中間に長打を放ち、三塁に走り込む=佐賀市のさがみどりの森球場

1回戦・佐賀農-伊万里 力投する佐賀農の先発古賀智也=佐賀市のさがみどりの森球場

1回戦・佐賀農-伊万里 力投する佐賀農の先発古賀智也=佐賀市のさがみどりの森球場

 第103回全国高校野球選手権佐賀大会第2、3日は11、12日、佐賀市のさがみどりの森球場で1回戦4試合があり、龍谷や武雄などが2回戦に勝ち進んだ。

 降雨順延となり、開幕試合となった11日の龍谷-唐津南は、龍谷が3―2で競り勝った。

 12日は伊万里が佐賀農を7-0、武雄が唐津青翔に9-0でそれぞれ七回コールド勝ち。致遠館は鳥栖工を6-3で下した。

 第4日の13日は、同球場で1回戦1試合と2回戦2試合がある。

12日の成績
 ▽1回戦
致遠館 6―3 鳥栖工
伊万里 7―0 佐賀農(七回コールド)
武 雄 9―0 唐津青翔(七回コールド)

11日の成績
 ▽1回戦
龍 谷 3―2 唐津南

このエントリーをはてなブックマークに追加