新型コロナウイルスワクチンの注射器

 佐賀県藤津郡太良町は12日、町内の医療機関で実施している新型コロナワクチンの個別接種で、60代女性に使用済み注射器を使った接種ミスの疑いがあると発表した。健康被害は確認されておらず、経過を観察する。

 町によると、9日午前10時すぎ、医師が女性の腕に注射針を刺したが、手応えがなかった。薬液が入っていなかったとみられ、当日に別の人に打った使用済みの注射器を使った恐れがある。

 ワクチンが入ったままの未使用の注射器が同日、1本余ったため、接種ミスの疑いが生じた。町は注射器の確実な廃棄が行われていなかったとみて、2週間後に抗体の有無を調べる。抗体ができていなかった場合はワクチンを接種する。

 町は「こうしたことは今後、起きてはならない。接種マニュアルを再度徹底する」と話す。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加