Q.借金があるのですが、病気になって仕事ができなくなり、月々の返済もできていません。まだ仕事にも復帰できる見込みなく、生活費も苦しいです。借金があると生活保護は受けられないのでしょうか。

 A.借金があっても生活保護を受けて、生活の立て直しをすることができます。

 借金があると生活保護受給ができない、という決まりはないのです。

ただ、生活保護で受けとったお金を借金の返済に充てることはできません。そこで、生活保護を受けながら、借金の問題をどう解決するかという点が大事になります。

 結論をいうと、生活保護と自己破産手続きをセットで進めていくことが最適な解決になることが多いです。生活保護を検討されている状況にでは、生活に十分な収入を継続的に得ることが困難な事情をお持ちのことがほとんどです。そうした場合、社会生活を行いながら借金を返していくということが現実的には難しい状況になっていると思われます。

 自己破産手続きは、その人の借入の金額などの状況のほか、健康状態や稼働能力の生活状況も加味して、支払い不能かどうかが判断されます。そのため、ご質問のケースでは、生活保護を受けつつ、自己破産という手続きの手段が取れる可能性が高く、抜本的な解決につながることが多いです。

 また、自己破産手続きを行う場合には、弁護士などの専門家へ依頼する必要があることがほとんどです。そのときは弁護士費用などが必要になりますが、法テラスという機関から費用の立て替え援助を受けることができます。さらに、生活保護を受給中であれば、法テラスへの立て替え金償還も猶予や免除になることから、費用面の不安も解消することができます。

 借金の問題で目の前の生活も苦しいという状況であれば、市役所や弁護士、法テラスなどで、まずご相談されることをお勧めします。(神埼市 弁護士 下津浦 公)

このエントリーをはてなブックマークに追加