軽乗用車が店内に突っ込んだ事故現場=嬉野市嬉野町下宿、11日(住民提供)画像の一部を加工しています。

 11日午後4時50分ごろ、嬉野市嬉野町下宿のスーパーの駐車場で、嬉野市の90代男性が運転する軽乗用車が駐車中の車3台と原付バイクに次々と接触した後、店舗に突っ込んだ。原付バイクに乗っていた70代女性と店舗内にいた70代女性、20代と70代の女性店員ら計4人が軽傷を負った。運転していた男性もけがを負い、病院に搬送された。いずれも命に別状はないという。

 鹿島署によると、目撃者から「車が突っ込んで女性がけがをしている」と通報があった。原因は捜査中で、症状の回復を待って男性ら関係者に事情を聞く。

 事故から一夜明けた12日、スーパーの従業員らは壊れた壁などをブルーシートやベニヤ板で応急処置するなど片付けに追われた。店は午前中まで臨時休業したが、正午ごろに再開した。

 近くに住む70代女性は事故発生直後、現場に駆け付け、運転していた男性に声を掛けたといい「(男性は)自分の車は修理に出していて、代車と言っていた」と話した。(松岡蒼大、中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加