新型コロナウイルスのワクチン供給などについて要望した山口祥義知事=佐賀県庁

 佐賀県の山口祥義知事は11日、全国知事会の新型コロナウイルス対策本部のオンライン会合で、飲食店の感染対策について大手グルメサイト上での利用客の書き込みを参考に評価するシステムを政府が導入することを巡り、「匿名による“告げ口情報”を元に店を指導することは適切ではないと思う」と批判した。

 山口知事は9日の県の新型コロナ対策本部会議でも言及しており、この日も「地域の感染対策はそれぞれの地域の実情に合わせて行うべきで、都道府県に任せていただきたい」と訴えた。

 また、ワクチンの供給不安によって県内企業の職域接種が停滞している点についても触れ、「やみくもではなく、鳥瞰(ちょうかん)的に見た上で戦略的に優先順位を考えて進めてほしい」と注文した。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加