1回戦・龍谷-唐津南 8回表龍谷無死二塁、4番松本侑樹の右前打で、二走新木蓮が生還し、3-2と勝ち越す=さがみどりの森球場

 夏の甲子園を懸けた第103回全国高校野球選手権佐賀大会が11日、佐賀市のさがみどりの森球場で開幕した。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催。参加37校の球児たちが、夢の舞台出場を目指して激戦を繰り広げる。

 開幕予定日だった10日は天候不良で延期に。仕切り直しとなった11日は1回戦3試合が予定され、開幕試合となった龍谷-唐津南は、龍谷が3―2で競り勝った。続く佐賀農―伊万里は、4回終了時点で伊万里が3-0でリードしていたが、雨が激しくなりノーゲームとなった。

 佐賀農-伊万里と第3試合の唐津青翔-武雄は12日に順延となった。

 第2日の12日は、第1日から順延された2試合と鳥栖工-致遠館の1回戦計3試合が佐賀市のさがみどりの森球場で行われる。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加