佐賀県内は10日、梅雨前線に温かく湿った空気が流れ込んだ影響で、午前中を中心に雨が降った。11日は大気の状態が非常に不安定となり、佐賀地方気象台は1時間に30ミリの激しい雨が降ると見込んでいる。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意を呼び掛けている。

 気象台によると、10日午前1時40分までの24時間に鳥栖市で44ミリの雨を観測した。前線や湿った空気の影響により11日も曇りや雨で、朝まで雷を伴い激しく降るところがあるという。11日の予想雨量は多いところで1時間に30ミリ、同日午後6時までの24時間で80ミリを見込んでいる。(小部亮介)

※写真はイメージです

このエントリーをはてなブックマークに追加