JA佐賀中央会の参事を退職した杉原浩樹さん(60)。県内のJAと歩んだ37年間の仕事で「農協の合併推進が最も経験知、財産になった」と振り返る。当時、県内の農協の数は40足らず。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加