2020年の九州花火大会の様子

 第69回九州花火大会(唐津市と佐賀新聞社でつくる実行委員会主催、DHC特別協賛)は17日夜に開催する。今年も新型コロナウイルス対策で密集を避けるため、唐津市の東の浜と西の浜の2カ所に分散し、午後8時から10分間打ち上げる。「収束への光」として感染症収束への願いを込めて実施し、夜空を見上げる「笑顔の輪」を広げる。動画投稿サイト「ユーチューブ」の佐賀新聞公式チャンネルでライブ配信する。

 実行委員会はコロナの感染状況を注視しながら関係機関と協議し、前回と同様の分散、短時間での方式で行うことを決めた。感染対策を徹底して安全な大会運営をする。来場を呼び掛けない代わりに、ユーチューブのほか、エフエム佐賀とCROSS FMで打ち上げの様子を生中継して、街中や、自宅などでの観覧を求める。

 臨時駐車場は設けず、会場に露店も並ばない。JRの臨時便も出ない。

 2尺玉は2会場で上げ、仕掛け花火は見送る。昨年は9月に3カ所で開催したが、今回、浜崎海岸では打ち上げない。

 荒天の場合は翌18日に延期する。花火大会の問い合わせは大会実行委事務局、電話0952(28)2151。(辻村圭介)

 佐賀新聞社の公式YouTubeチャンネルはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加