久光製薬(鳥栖市、中冨一榮社長)が8日発表した2021年3~5月の第1四半期連結決算は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた前年からの反動で、売上高が前年同期比11・6%増の277億6100万円、経常利益が約5・8倍の28億5500万円で増収増益だった。純利益は約20倍の23億6200万円。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加