没後30年を経ても色あせない相田みつをの言葉。若き日に短歌や書に打ち込み、禅を学んで自らを見つめた末に、簡潔で平易な言葉の世界を切り開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加