鳥栖-広島 試合前、東京五輪代表として場内に紹介される鳥栖FW林大地(右)。奥はMF中野嘉大=3日、広島市のエディオンスタジアム広島

 東京五輪のサッカー競技で、選手登録枠の拡大によりバックアップメンバーから“昇格”となった鳥栖FW林大地。アウェー広島戦の試合前、両チームから五輪代表入りした2選手が場内に紹介された。

 花束を贈られた広島GK大迫敬介に続き、名前を呼ばれた林は、引き締まった表情で一礼。敵味方関係なく大きな拍手に包まれる中、とびきりの笑顔で祝福するMF中野嘉大が印象的でした。(撮影・米倉義房)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加