佐賀南署は8日、佐賀市の70代女性が現金118万円をだまし取られるニセ電話詐欺が発生したと発表した。

 南署によると、女性宅に6日、市役所職員を名乗る男から「給付金を振り込みたいが、あなたのキャッシュカードが古いため新しいものに交換する必要がある。暗証番号を教えてほしい。同僚がカードを確認に行く」と電話があった。訪れた男とやりとりをしているうちにカードは盗まれ、8回にわたって現金自動預払機(ATM)から現金が引き落とされた。

 南署は「電話でお金に関する話があれば、すぐに電話を切って警察に通報して」と呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加