受章者を代表し、お礼の言葉を述べる鶴田徹さん=佐賀市の佐賀城本丸歴史館

山口祥義知事から勲章・勲記を伝達された受章者たち=佐賀城本丸歴史館

 春の叙勲伝達式が7日、佐賀市の佐賀城本丸歴史館であった。出席した受章者18人に山口祥義知事が勲章と勲記を伝達した。

 山口知事は「皆さんとともに、佐賀の長い歴史や伝統を守りつないでいきたい」とあいさつ。受章者を代表して元県労働委員会委員の鶴田徹さん(76)が「今の環境の中で、柔軟な思考が必要と感じた。経験を生かしながらさまざまな形で地域に貢献したい」と謝辞を述べた。

 春の叙勲は、県内在住者では交通安全や教育など各分野で功労のあった32人が受章した。伝達式は新型コロナウイルスの影響で延期していた。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加