東の浜を清掃するゆめさが大学同窓生ら=唐津市の東の浜海浜公園

東の浜を清掃するゆめさが大学同窓生ら=唐津市の東の浜海浜公園

ゆめさが大学同窓生らが清掃して集まった東の浜のごみ=唐津市の東の浜海浜公園

 シニアの生涯学習の場「ゆめさが大学」唐津校の同窓生ら約110人が5日、唐津市の虹の松原にある東の浜海浜公園で清掃活動を行った。

 ゆめさが高大唐津校同窓会が、同期生ごとに活動する横の交流に比べ、卒業年度が異なる縦の交流が希薄だったことから初めて企画した。「ラブアース・クリーンアップinゆめさが」と題し、縦断的に親睦を深めて地域社会に貢献する。

 雨で開始を午前から午後に変更し、活動前後に激しく降ったものの、合間を縫って取り組んだ。参加者はマスク姿で砂浜200メートルにわたって木くずや海草、プラスチックごみなどを拾った。唐津校の同窓生や在学生のほか、佐賀校からも3人が駆け付け、40分間でごみ袋100袋ほど集まった。

 唐津市和多田の山下洋さん(73)は「みんなと楽しみながら活動でき、ゆめさが大学の絆になる」と語り、同窓会の永田潔治会長(85)は「外に出て交流することが積み重なって健康寿命も長くなる」と取り組みの意義を強調した。(辻村圭介)

このエントリーをはてなブックマークに追加