伊万里市民図書館につくられた「天の川としょかん」=伊万里市

 伊万里市民図書館は7日の七夕に合わせ、館内に「天の川としょかん」を設けた。薄暗い空間に星や宇宙に関する本や恋愛小説を並べて「本の天の川」をつくり、普段と異なる空間で本選びを楽しんでもらう。11日まで。

 7日は市民図書館の開館記念日でもあり、26周年を祝おうと市民ボランティアと一緒に企画した。ホールの床に暗幕を敷いて天の川に見立て、約400冊の児童書、一般書を並べて貸し出しをしている。

 ホール内はわずかな照明だけがともり、装飾や音楽でロマンチックな空間を演出。有田工業高1年の松本紬さんは「星や宇宙の本がこんなにたくさんあって驚いた。眺めているだけで楽しいし、読みたい気持ちもかき立てられる」と話していた。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加