佐賀県観光連盟は8日、県民の県内旅行を対象に1人1泊当たり最大7千円を支援する「佐賀支え愛宿泊キャンペーン」の予約期間を2カ月延長し、10月31日までにすると発表した。利用期間は、これまでと同じ来年1月1日のチェックアウト分までになる。

 キャンペーンは4月15日に始まり、現在の累計予約・販売数は約8万4千人。30億円の予算が組まれ、定員には余裕がある。観光連盟は「延長で計画が立てやすくなっており、身近な佐賀の秋と冬を楽しむ旅にしてほしい」と話す。

 予約は観光連盟の公式サイト「あそぼーさが」から手続きでき、宿泊施設に電話やウェブサイトで直接予約して割り引きを受ける方法もある。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加