小雨の中、横断歩道を渡る人たち=8日午後7時ごろ、佐賀市本庄町

 佐賀県内は梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、9日から激しい雨が降る恐れがある。1時間雨量が30ミリを超える警報級の大雨になる可能性もあり、佐賀地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などへの注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、朝鮮半島から日本海にある梅雨前線が、10日にかけて対馬海峡付近まで南下する影響で、大気の状態が非常に不安定になる。局地的に雷を伴った激しい雨が降り、前線の影響で11日まで大雨になりやすい状態が続く見込みという。

 9日に予想される1時間雨量は、いずれも多いところで40ミリ。9日午後6時までの24時間雨量は、いずれも多いところで120ミリを予想している。気象庁は大雨への警戒とともに、土砂災害や浸水、洪水に関する危険度分布の予測を表示するサイト「キキクル」の活用を呼び掛けている。(松岡蒼大)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加