J2栃木の入団会見に臨むFW豊田陽平((C)TOCHIGI SC提供)

 サッカー・J1サガン鳥栖からJ2栃木SCに完全移籍したFW豊田陽平(36)が8日、オンラインで入団会見に臨んだ。栃木の黄色いユニホームに袖を通し、「まずは試合に出場し、自分の持てるものを出すことでチームに貢献したい」と抱負を語った。

 栃木の印象については「J1を目指すための野心を感じるクラブ」と話し、「今は必要とされるクラブでサッカーを楽しむことに重きを置いている」と述べた。

 12年間在籍した鳥栖を離れる決意をするのは簡単でなかったことに触れ、「僕の体内には(鳥栖カラーの)水色とピンクの血が流れている。楽しそうに戦う豊田陽平を見てもらえるよう、プレーしたい」と鳥栖サポーターにメッセージを送った。

 背番号「31」を選んだ理由については「3人の子どもたちと1人の妻をしっかりと背負って戦うという意味」と力強く語った。(井手一希)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加