今回の展覧会では、相田みつを美術館でも未公開の作品を紹介する。

 特に見てもらいたいのは2点。一つはろうけつ染めの風呂敷で、私の妹が小学校入学の際に、父が仕立てたもの。「みんななかよし」の文字に、父の願いが込められている。近所に住む父の友人に何かを渡す際に使ったようで、昨年、その友人宅から発見された。

 父らしいなと思うのは「なかよく」と上から言うのではなく、「なかよし」と眺めているような言葉であるところ。コロナで殺伐とする中、このかわいらしい作品で和んでもらいたい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加