今春発足し、練習に熱が入るHEATBULLSのメンバーたち=唐津市の西唐津中体育館

全国大会につながる9月の県予選に向けて、練習に励む選手たち=唐津市の西唐津中体育館

 唐津市を拠点としたバスケットボール女子のU15のクラブチーム「HEATBULLS(ヒートブルズ)」が発足した。小学生の時に佐賀県大会優勝を経験した選手たちが、練習に打ち込める環境の中で全国大会出場を目指している。

 メンバーは小学生チーム「大志タイガースGirls」のOGの中学1、2年生9人。タイガースは2年前の県大会で優勝して全国大会出場を決めたが、コロナ禍で中止になって悔しい思いをしていた。中学の部活動でも練習時間の制約などがあり、物足りなさを感じていたという。タイガースを指導する笹部博義さん(48)が選手たちの気持ちをくみ取り、4月に新チームを立ち上げた。

 3カ月の練習を経て「動きにキレが出るようになった。自分の力を出せている」と主将で2年の草場好美さん。「いい意味で上下関係に厳しくなくて気を遣わず、プレーでは真剣になれる。身長は低いけどたくさん走るスタミナのあるチームを目指したい」と話す。

 デビュー戦は全国大会につながる9月の「Jr.ウインターカップ」の県予選。笹部監督は「強気で攻める姿勢と、堅いディフェンスが持ち味」とチームの特徴を語る。

 ヒートブルズは市内外の小学6年から中学3年までの選手を募集している。練習は週5日、市内の体育館で行っている。問い合わせは小島さん、電話0955(73)1271。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加