テレビアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」の最終回放送から一夜空けた6月25日、佐賀県内に設置された作品オリジナルのマンホールのふたを巡る旅に挑戦した。県外から訪れる作品のファンの参考になればと、今回は公共交通機関だけを使い1日で回れるかを検証。乗車ミスや乗り継ぎ失敗など相次ぐ想定外に見舞われ、予定時刻から大幅に遅れながらも、どうにかたどり着いたゴールでは幸運な出合いがあり…。ツイッターに投稿しながらの「マンホール巡りの旅」を振り返る。(コンテンツ部・志垣直哉)

 

 

 

START>鳥栖市へ

 作品オリジナルマンホールのふたは4月から6月にかけ、県内6市14カ所に設置された。

 25日の最終回はインターネットテレビ「ABEMA」で当日午前3時ごろに視聴した。あまり寝ていない…。スタート地点は、自宅から近い鳥栖市京町の駅前不動産スタジアム(駅スタ)に設定し、朝6時に到着した。作中のアイドル「フランシュシュ」の駅スタライブ失敗に始まる「リベンジ」では因縁の場所。思わず最終回の熱気を重ねた。

 〈まず1カ所目は#鳥栖市の#駅前不動産スタジアム前。#駅スタと#フランシュシュ3号

 
 

 次の目的地は鳥栖駅から長崎線で1駅の新鳥栖駅(同市原古賀町)。昔から交通の要衝だった鳥栖は、鉄道のほか東西南北の全方向に通じる高速道路のジャンクションも有名だ。新鳥栖駅も在来線のほか、九州新幹線鹿児島ルートの県内唯一の駅として、在来線の特急も停車する。

 基本的にツイートは乗車後か、待ち時間に投稿する。公共交通機関での挑戦であることを明かすと「参考になる」と応援のメッセージを複数もらった。

 〈2カ所目は#新鳥栖駅と#星川リリィと#とっとちゃんと#九州新幹線つばめ

 
 

 マンホールは駅前のロータリー入り口付近。地名に入る「鳥」にちなんで翼の形を模した特徴的な新幹線の駅舎とマンホールが一枚に入るよう撮影した。

 次の乗車予定は「6時44分発」の特急かもめ3号。ところが44分ごろ到着したのは、なぜか各駅停車だった。「特急が遅れているのか。でも各駅停車に乗るよりも早く佐賀駅に着くんじゃないか」と考え、見送った。ところがホームの時刻表を確認すると、かもめ3号は「58分発」。事前に組んでいたスケジュールが誤っていた。2カ所目にして早くも予定が狂い始めた。

 結局、特急は佐賀までに先ほどの各駅停車を追い越すことはなく、当初の予定より3分遅れて佐賀駅に到着した。早速計画の甘さが露呈し、先行きに不安を感じ始めた。

NEXT>>佐賀市へ

このエントリーをはてなブックマークに追加