「AS Order」について説明するASの浅川泰輝さん=佐賀市の本庄キャンパス

実証実験中のASのオーダーシステム「AS Order(アズ オーダー)」のウェブ画面

 ソフト開発を手掛ける佐賀大学発ベンチャー「AS(アズ)」は、佐賀大の学生や職員を対象にスマートフォンを使った近隣の飲食店への宅配注文サービスの実証実験を実施している。専用サイトから料理を注文すると、本庄、鍋島キャンパスの指定された部屋や大学周辺の自宅まで配達するサービスで、16日までの期間中は配達料無料。利用者からの要望や情報をシステム改善や今後の活動に生かす。

 アズは、佐賀大大学院理工学研究科の浅川泰輝さん(22)が昨年設立、本庄キャンパス内に拠点を置く。今年2月に大学から2社目の「佐賀大学発ベンチャー」に認定された。

 同社のオーダーシステム「AS Order(アズ オーダー)」は、昨年に県が佐賀市中心部の飲食店で実施した「SAGAナイトテラスチャレンジ」で導入、店先のテラス席から周辺店舗のメニューを注文できるシステムとして注目された。今回の実験には大学周辺の飲食店約70店舗が参加、約1500のメニューから注文できる。大学のメールアカウントで本人確認をする仕組みで、佐賀市のAHT(アート)が展開する宅配代行サービス「ToDoK(トドケ)」が配達業務を担う。キャッシュレス決済にも対応する。

 ふるさと納税を活用した「ガバメントクラウドファンディング」で今回の事業資金を得た。

 県内には大手宅配代行サービスも参入しているが、移動手段の少ない学生への宅配ニーズに目をつけた。浅川さんは「佐大発のASだからこそできるサービス。地元に根付き、地元に役立つサービスにつなげたい」と話している。注文可能時間は午前11時~午後2時半、午後4時半~午後11時半まで。(志波知佳)

 「AS Order」はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加