原子力規制委員会は7日の定例会合で、九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の耐震設計の目安となる揺れ(基準地震動)について、新規制基準改正に伴う新たな評価手法でも「変更の必要はない」とした九電の主張を正式に退けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加