大阪府泉佐野市内の体育館で練習を始めた東京五輪のウガンダ代表選手団=7日午前

 東京五輪の事前合宿で大阪府泉佐野市に滞在中のウガンダ選手団が7日、同市内の体育館で練習を始めた。選手団は、来日後の新型コロナウイルスPCR検査で2人が陽性と判定され、来日から17日間、運動施設での練習を自粛していた。

 泉佐野市によると、選手団は18日まで市内の体育館やプールで最終調整し、19日に選手村へ出発する。練習会場を利用する市民らと接触しないよう、動線を分けるなどの感染防止策を取る。

 選手団は6月19日に来日。成田空港検疫で50代男性が陽性となった。残る8人は翌20日に泉佐野市に到着し合宿入りしたが、後に20代1人が陽性になった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加