多くの参列者が献花に訪れた、故指山弘養氏のお別れの会=佐賀市のガーデンテラス佐賀ホテル&マリトピア

 佐賀銀行の元頭取、元会長で5月31日に81歳で亡くなった指山弘養氏のお別れの会が6日、佐賀市のガーデンテラス佐賀ホテル&マリトピアで開かれた。財界にとどまらず幅広い分野の関係者約700人が献花に訪れ、県勢の浮揚に尽力した故人の功績をしのんだ。

 献花台奥のスクリーンに指山氏の遺影が映し出され、参列者が白い菊の花を供えた。会場には佐賀新聞文化賞受賞時などの写真約20点や、銀行内の広報誌などが展示され、訪れた人は故人の在りし日の姿や言葉に触れて、思い出を振り返っていた。

 指山氏は佐賀商工会議所会頭や県商工会議所連合会会長のほか、日本赤十字社佐賀県支部支部長、県防犯協会会長などを歴任した。

 主催者代表の佐賀銀行の陣内芳博会長は「日がたつほど、指山さんの功績のすごさを感じている。バブル後の不良債権処理など苦しい時期に耐えていただいたからこそ、お客さまのためにいろいろなことができる今の佐賀銀行がある」とたたえた。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加