嬉野伝統芸能保存会2周年公演のチラシ

 嬉野伝統芸能保存会の発足2周年公演が9月19日午後0時半から、佐賀市文化会館で開かれる。会員によるあでやかな舞踊をはじめ、中村美律子さんらの特別出演や、ミスコンテストの審査発表と表彰式もある。

 佐賀県内を中心に日本舞踊など和文化に親しむ人や指導者ら18人が所属する。公演は長唄「花の幻想」で幕開け。白化粧に日本髪のかつらと着物姿で、北島三郎の昭和歌謡「竹」や正調民謡「博多あねさま」などに乗って舞を披露する。藤間幸和花会長は「年々踊りがグレードアップするのを目標にけいこに励んでいる。コロナ禍でうっそうとした中、佐賀の人に元気を届けられれば」と話す。

 チケットは全席指定S席8千円、A席6千円で、同館で取り扱うほか、代引きで入手できる。問い合わせは嬉野伝統芸能保存会事務局、電話0954(42)0584。メールはsally8135@icloud.com

(西部支社・古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加