唐津市は新型コロナウイルスの影響で苦境に立つ宿泊施設を支援しようと、佐賀県内を含む九州7県の在住者を対象に、市内の宿泊施設で使える電子クーポンを宿泊予約サイトで発行する。最大3千円を割引し、市民向けの「マジ割クーポン」とも併用できる。

 1万円以上の予約に使える1500円割引、宿泊者2人以上で計2万円以上の予約に使える3千円割引のクーポンがある。市の2020年度当初予算に4千万円を計上していた。

 サイトでの会員登録が必要で、楽天トラベル、じゃらん、ヤフートラベルで発行する。じゃらんとヤフーは15日から、楽天は19日から予約を受け付ける。宿泊期間はヤフーと楽天が10月末まで、じゃらんは2022年1月末まで。各サイトでの発行枚数が上限に達すれば終了する。

 市内の宿泊施設に泊まった市民が旅館や飲食店で使える「市民版マジ割クーポン券」は約1千セットの在庫があり、JR唐津駅構内で販売している。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加