佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡り、九州防衛局による配備候補地の地権者説明会が終わったことを受け、山口祥義知事は5日、地権者から知事も説明すべきとの声が上がったことに関し「既に漁協で説明したが、判断材料として聞きたいということなら、状況に応じてうかがうのはやぶさかではない」と述べた。

 山口知事は記者団から地権者説明会が終わったことの所感を問われ、「これから地権者の意見集約がされると思う。事業主体の防衛省は今後とも誠心誠意、信頼を大事にしながら協議を進めてほしい。県も状況に応じて調整を図っていく」と答えた。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加