ボールを手渡す德川慎之介選手(左列中央)ら=佐賀市の城南中

贈られたボールを手に写真に収まる德川選手と城南中バスケ部の選手たち=佐賀市の城南中

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は2日、同市の城南中の男子バスケットボール部にボール3個を贈った。

 ボールはシーズンごとにリーグから支給されるため、使わなくなったボールを活用してもらおうと企画した。選手が練習で使用したボールを、クラブスポンサーの明治屋クリーニング(長野裕司社長、同市)が手入れした。

 佐賀県中学校体育大会を24日に控える生徒たちに、德川慎之介選手(28)=唐津市出身=は「悔いがないように優勝を目指して頑張って」とエールを送った。同部の大城壮太郎主将は「普段のボールと違って触り心地がいい。少しでもバルーナーズの選手のようなプレーができるようになりたい」と喜んだ。

 残りのボールは受け取りを希望する中学校に配布する予定。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加