全九州高校体育大会は4日、沖縄県立武道館などでフェンシング、相撲、剣道など4競技があった。佐賀県勢は、フェンシング男子学校対抗の佐賀商が3位に入り、相撲男子個人80キロ級で満上颯悟(多久)が準優勝した。同団体は多久が、剣道男子団体は三養基がそれぞれ決勝トーナメント進出を果たしたが、4強入りはならなかった。同女子個人は、弓彩乃(三養基)がベスト8入りした。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加