高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ第9節は3、4の両日、大阪府のOFA万博フットボールセンターなどであり、西地区のサガン鳥栖U-18はガンバ大阪ユースを3-1で下した。通算成績は3勝1分け1敗(勝ち点10)で同地区4位。

 サガン鳥栖U-18は前半34分、MF楢原慶輝からパスを受けたMF坂井駿也が先制ゴールを決め、1-0で前半を折り返した。後半も流れをつかんだまま、6分に楢原がドリブルからの左足シュートで追加点。その後1点返されたが、38分にFW小西春輝が駄目押しの3点目を奪った。

 第10節は9月4、5の両日行われ、サガン鳥栖U-18は5日午前10時から佐賀市健康運動センターサッカー・ラグビー場で名古屋グランパスU-18(愛知県)と対戦する。(西浦福紗)

▽西地区
鳥栖ユース(10)3(1―0)

          (2―1)1G大阪ユース(9)

このエントリーをはてなブックマークに追加