九州ジュニア柔道体重別選手権大会は4日、福岡市の福岡武道館で男女各7階級があり、佐賀商高勢が男女5階級で優勝した。

 男子73キロ級は田中龍雅、女子48キロ級は近藤美月、同63キロ級は鹿歩夏、同78キロ級は中野弥花、78キロ超級は橋口茉央がそれぞれ制し、男子66キロ級の大坪奨武(佐賀工高)、同90キロ級の池内空(佐賀商高)、女子57キロ級の永松莉菜(同)が3位に入った。

 各階級の上位2選手は、9月11、12日に埼玉県である全日本ジュニア柔道体重別選手権大会に九州地区代表として出場する。(西浦福紗)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加