自民党佐賀県連大会が4日、佐賀市で開かれ、秋までにある衆院選で前回比例復活となった県内2選挙区の議席奪還に向け、党員一丸となって戦うことを確認した。党本部から野田聖子幹事長代行が出席し「佐賀には素晴らしい人材が結集しているが、選挙は厳しい。立派な成績で当選することが大切だ」と協力を呼び掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加