【巡回車】(6日)

 ◆胃がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▷8時半=神埼市中央交流センター

 ◆子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▷8時半=小城市・牛津保健福祉センターアイル(予約制、子宮がん検診は10時検診開始)

 ◆大腸がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▷8時半=小城市・牛津保健福祉センターアイル、神埼市中央交流センター▷9時=玄海町・値賀分館▷9時半=伊万里市民センター(予約制)

 ◆肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▷8時半=小城市・牛津保健福祉センターアイル、神埼市中央交流センター▷9時=玄海町・値賀分館

 ◆献血車 9~11時半=白石町・JAさが白石支所

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 

【LIVE】

 ◆ひがしよか納涼ふれあい寄席 柳亭小痴楽独演会

 (10日、佐賀市東与賀町の東与賀文化ホール)14時開演。自由席一般2500円、大学生以下1500円(当日各200円高)。同ホール、電話0952(45)3939。

 

【告知板】

 ◆佐賀県がん遺族つどいの会

 (8月7日13~16時、佐賀市水ケ江の佐賀メディカルセンタービル1階のさん愛プラザ)がんで大切な人を亡くした人同士が悲しみや孤独感、自責の念や無力感など、日々の生活では打ち明けづらい気持ちを語り合い、分かち合うための場。親睦・交流会や音楽鑑賞などを行う。参加無料。定員は10人程度。申し込みは8月4日までに、居住市町・氏名・電話番号・参加人数をフリーダイヤル0120(246)388へ=平日9時半~13時、14~16時半。

 

 ◆「第24回全国ふるさと漢詩コンテスト」作品募集

 公益財団法人の孔子の里は「橋」をテーマにした漢詩を募集している。最優秀作品は石碑に刻み、多久市の多久聖廟周辺に設置する。応募締め切りは8月17日(必着)。

 儒学の祖とされる孔子をしのび、年2回開かれる多久聖廟の伝統行事「釈菜(せきさい)」で漢詩が奉納されており、孔子の里や市などが儒学と文化の里づくりの一環で開く。七言絶句で、1人2点以内。未発表に限る。応募用紙は孔子の里のホームページから入手できる。石川忠久・二松学舎顧問(中国古典)ら3人が審査し、11月27日に石碑の除幕式と入賞作品の表彰式を行う。孔子の里、電話0952(75)5112。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加