贈呈された「認定Tシャツ」を着用した佐賀工業高1年の山田枇知さん(左)と昭栄中1年の永渕友梨華さん=佐賀市のアバンセ

山口祥義知事(左)から認定証を受け取る選手=佐賀市のアバンセ

選手を代表して誓いの言葉を述べる龍谷高3年の吉田大倭さん=佐賀市のアバンセ

 佐賀県で2024年に開かれる国民スポーツ大会(佐賀国スポ)で活躍が期待される支援対象選手の認定証交付式が4日、佐賀市天神のアバンセであった。「佐賀国スポ強化指定選手」に41競技で小学6年生から社会人までの908人が選ばれた。

 交付式では山口祥義知事が、各競技の代表34人に認定証を手渡した。ソフトテニスの山田枇知(ひじり)選手(佐賀工業高1年)とバドミントンの永渕友梨華選手(昭栄中1年)が、「認定Tシャツ」も受け取った。

 空手の吉田大倭(やまと)選手(龍谷高3年)は「夢と感動を与えられるよう、県代表としての誇りと自覚を持ち、たゆまず努力していくことを誓います」と力強く宣誓した。

 強化指定選手の認定は2016年から毎年実施しており、県が競技団体に強化費を助成する。佐賀国スポより後の活躍が期待される「ネクスト選手」には小学生148人が認定された。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加